関節リウマチとは、関節に炎症が起こり、痛みを感じる病気のことです。 悪化してしまうと手足の関節が変形してしまったり、血管炎、貧血といった症状も現われるでしょう。 早期発見し、早期治療を行うことによって、症状の悪化を防ぐことができます。 一度発症すると最低でも3年くらい、ほとんどの患者さんは一生涯付き合うことになりますから、できるだけ早く治療を開始するようにしてください。 また、この関節リウマチは女性ホルモンと大きく関係しているので、女性に多く発症します。 関節リウマチになると、以下のような初期症状が現われます。 ・熱っぽい ・食欲不振 ・体がだるい ・関節のこわばり このような初期症状が現われるので、気になる場合は病院で検査を行った方が良いでしょう。 治療を行わずそのまま放置してしまうと、小さな関節に痛みを感じるようになり、やがてその痛みが全身に転移していきます。 これは、全身に炎症が回ってしまうためです。 特に、膝関節や肘関節、股関節などがリウマチになりやすいといわれています。